人間ドックのご予約
PETドックのご予約
社会医療法人財団 池友会 福岡和白総合健診クリニック
人間ドックのご案内

心臓脳血管ドック

循環器ドック
脳ドック
肺がんドック
消化器ドック
生活習慣病ドック
レディースドック
検査内容・
ご利用案内
オプション検査のご案内 PETドックのご案内
PETドックでは
ここまでわかります
検査内容・
ご利用案内

クリニックについて
健診の流れ
交通アクセス
宿泊施設のご案内
お問合せ
プライバシーポリシー
サイトマップ
リンク集
医師・診療放射線技師募集

 
社会医療法人財団 池友会
福岡和白総合健診クリニック
〒811-0213
福岡市東区和白丘2-11-17

092-608-0138
092-607-5504

 
人間ドックのご案内
肺がんドック

マルチスライスCTで肺がんの早期発見に挑みます。

肺がんの死亡率は、男性で第1位・女性で第2位です。

自覚症状に乏しく、治療成績は悪い事が、肺がんの死亡率の高さの原因とされています。
当施設では、早期発見の為、CTと喀痰細胞診を組み合わせて診断を行っています。


マルチスライスCT

一般に肺の末梢部の早期肺がんは無症状であり、健診や他の疾患の経過観察中に胸部レントゲン撮影で偶然発見されるものがほとんどです。しかし、胸部X線写真では1cm以下の腫瘍影の検出は困難です。
そこで末梢部早期肺がんの検出がより確実なヘリカルCTを施行しています。また、肺門部早期肺がんは、画像検査で異常を認めないことが多いため、そのスクリーニング法として喀痰細胞診が有効とされています。PET検査と組み合わせると、より一層診断率が向上します。

マルチスライスCT

肺がんの死亡率の高さは、長い間日本で行われてきた胸部X線検査の力不足にあると言われます。死角が多く、解像度の低い画像では治癒できる早期の肺がんを見つけることが困難です。
短い撮影時間で高精度の情報が得られるCTが、PETと並ぶがん健診の主役として活躍しています。


喫煙される方へ

〜肺がんドックをお勧めする3つの理由〜
1. 肺のCT検査を行います。
喫煙の最大のリスクが肺がんである以上、高精度な画像診断は必須です。
2. 非喫煙者に比べて、CTだけでは診断の難しい領域が多くなります。
腫瘍マーカーや喀痰検査を加えて肺に重点を絞った複合的な診断を行います。
3. 喫煙は肺がん以外の生活習慣病の因子としても最も問題とされています。生活習慣病ドックと遜色のない総合的な検診も絶対に必要です。

検査項目の特徴
●肺がんドック/宿泊コース ●肺がんドック/日帰りコース

胸部CT喀痰、肺機能、血圧、心電図、胃透視又は胃内視鏡、腹部超音波、便潜血、乳房触診(女性)、マンモグラフィ(女性)、甲状腺触診(女性)、子宮がん検査(女性)、血液検査、腫瘍マーカー(CYFRA、ProGRP、CEA、内科診察
※宿泊コースではより詳細な血液検査を行います。

 

胸部CT喀痰、肺機能、血圧、心電図、胃透視又は胃内視鏡、腹部超音波、便潜血、乳房触診(女性)、マンモグラフィ(女性)、甲状腺触診(女性)、子宮がん検査(女性)、血液検査、腫瘍マーカー(CYFRA、ProGRP、CEA、内科診察


人間ドックのご案内